レトロメディア・囃ハルト商店

1960年代の少年雑誌・芸能雑誌・漫画・アイドル・J-POP・玩具

カテゴリ: ポピュラー・ミュージック

先日「いつものことではあるけれど」を書かれているおーちゃん様とお会いし、音楽に傾倒し始めた年が1975年であることをお聞きした。この1975年という年は僕にとってもエポックな年だった。この年、同志社大学は創立百周年を迎え僕らのゼミでも学園祭に出店しようということ ...

 小学校、中学校、高校、大学と4度の卒業式を経験したが、何れも良い思い出が無い。特に酷かったのは高校の卒業式だった。僕の通っていたA高校は、学区にある10校の中で5番目にランクされていた。高校受験も間近に迫った頃、志望校を決めるに当たり進路指導の教師は僕に、 ...

    僕の周りにいる人たちに、人生の中で一番楽しかった時期を尋ねると、殆どの人たちが高校時代と答える。僕はそんな人たちとは正反対で、高校時代は一番苦しい時期だった。1970年、大阪は万国博覧会で賑わっていたが、高校生になったばかりの僕は、一人暗い毎日 ...

高校受験の時、ラジオの深夜放送から絶え間なく流れていたPF・スローンの「孤独の世界」。原題の「From A Distance」が「孤独の世界」とタイトルづけられていることから、僕は歌詞の意味内容も知らず、「遠く離れた孤独の世界」を勝手にイメージしていた。そ ...

ミッシェル・ポルナレフは1971年8月にリリースしたシングル「シェリーに口づけ(Tout, tout pour ma chérie)(c/w 初めての愛)」が40万枚を売る大ヒットになったことから実質的にこの時点が日本デビューとなった。同年10月にシングル「愛の願い (c/w 君の幸福と僕の後悔) ...

このページのトップヘ