レトロメディア・囃ハルト商店

1960年代の少年雑誌・芸能雑誌・漫画・アイドル・J-POP・玩具

カテゴリ: グループ・サウンズ

1968年の今日、僕は生まれて初めて日本のアーティストのレコードを買った。前年の暮れに、我家にレコード・プレイヤーがやって来た。ステレオではなく卓上プレイヤーだった。父の仕事が軌道に乗り出した頃だったのだろう。プレイヤーを買ってもレコードがないと意味がないか ...

1971年4月、この年高校2年に進級した僕は、相も変わらず受験勉強に没頭する毎日を送っていた。級友たちは何がそんなに楽しいのか、みんな生き生きとした表情で、それぞれが口元に笑みを湛えていた。彼らにとって高校2年生というのは、青春を謳歌する「よろこびの時」だったの ...

僕の記憶では1968年という年は、国内外問わず大衆音楽の当たり年となっている。まず国内のミュージック・シーンを牽引していたのは「君だけに愛を」「花の首飾り」「シーシーシー」と立て続けに大ヒットを飛ばしていたザ・タイガースや「エメラルドの伝説」のテンプターズ ...

我が国ポピュラー・ミュージックの草分けがまた一人この世を去った。カントリー・シンガーとしてデビューしたムッシュかまやつ氏の幅広い才能が開花したのは、やはりザ・スパイダースがメジャー・シーンに躍り出た時からだろう。1966年4月にリリースされた「ザ・スパイダース ...

今から50年前の今日、1967年2月5日、我が国のミュージック・シーンを大きく変えることになるモンスター・グループ、ザ・タイガースの記念すべきデビュー・シングル「僕のマリー」が発売された。この時の宣伝ポスターには彼らを称して「フォーク・ロック・グループ」と記され ...

昨年はビートルズ来日50周年だったが、今年は、彼らの来日が突破口となりグループ・サウンズ(GS)と名付けられたバンド・ブームの花が開いて丁度50周年に当たる。既にブレイクしていたスパイダース、ブルー・コメッツ、ワイルドワンズに続けと、1967年2月にはザ・タイガー ...

1968年、映画「ケメ子の唄」のヒロインでデビューしたアイルランド・日本のハーフ小山ルミは、そのキュートなルックスで当時中学生だった僕たち男子生徒のハートをわしづかみにした。彼女が出演したテレビ番組が放送された翌日、僕たちの挨拶は「観た?」だった。ルミちゃん ...

〝チョコバー〟という名の明治製菓のスイーツを生まれて初めて食べたのは小学生の頃だった。そのとき食べたものは、何やらヌガーのようなものの中にレーズン(というよりも干し葡萄)が混じっていて、うっすらとチョコレート・コーティングしてあるような後味の悪い代物だっ ...

今から遡ること48年前の1970年5月9日。大阪万博開催直後の万博ホールで人気歌手を一堂に集め、「全国ヤング歌謡フェスティバル」と題する一大イベントが開催された。手掛けたのは、当時刃向うものなしの渡辺プロ。このフェスティバルでは事前に出場歌手の人気投票を行い、そ ...

 一昨日、親しくして頂いている方からお誘いがあり、新宿曙橋にあるBACK IN TOWNというライブハウスでザ・ブロードサイド・フォーのライブを観た。メンバーは黒澤久雄(Vo, G)、鶴原俊彦(Vo, G)、横田 実(Vo, B)、小松 久(Vo, G)の4名。ちなみに黒澤氏は黒澤明監督の御子息。 ...

1968年9月1日。僕はこの日を生涯忘れることはできない。この日、始業式が終わって自宅に帰った僕は、その月の小遣いを貰うと早速レコード店に向かった。当時、社会現象ともなっていたグループ・サウンズは、この年ブームの頂点を迎えることとなった。人気の上ではザ・タイガ ...

 1970年8月22日、タイガースは田園コロシアムでライブ・コンサートを行った。その5ヶ月後には武道館で解散コンサートを行っているので、このライブはさしずめその予行演習のようなものだったのだろうか。エンディングの挨拶で沢田研二は、この日のライブにこんなに大勢のフ ...

このページのトップヘ