僕のように音楽がないと生活できない人間のことを何というのだろうか?などと考えながらも、久々にテンションの上がる楽曲に出会えた。宮本浩次の「ハレルヤ」。僕と同じ年代の人は、MVを観たときショーケンの「傷だらけの天使」を思い出したはず。