「もう行っとくしかない」そう思って昨夜、ジュリーを観にフェスティバルホールに足を運んだ。

昨年、二人の男性のそれぞれからジュリーのコンサートに行ったことを聞かされた。二人とも僕とは仕事関係だったが、二人の間には何の接点もない。一人は僕よりも二歳年上、もう一人は僕より六歳下だった。最初に聞かされたのは年上の男性の方で、彼はジュリーのパフォーマンスがギタリストと二人だったことに驚いた様子だった。その時ステージの模様を詳しく聞かなかった僕は、アンプラグドみたいなアコースティックなライブを勝手に想像していた。だが、しばらく経って年下の男性からアコースティックではなくロックだと聞かされた時、俄然観に行きたくなった。今の理事職に加えて、四月から非常勤の国家公務員の仕事が始まる僕にとって、時間は限られている。タイミングを逃したらまずいと思って妻を誘った。

僕達の席は、ホール3階の前から2列目の真ん中。2階は全く見えない(見る必要もない)が、1階は直ぐ真下に見える。ざっと見渡したところ、7年前に京セラドームで観たタイガース復活ライブの時より男性の割合が増えている。70年代のコンサートがまるで想像できなかった。

さて6時開演になると、胸が銀色に光る純白のコスチュームを着たジュリーがギタリストの柴山和彦氏と共に登場。オープニングから舞台狭しと、走りながら歌うエネルギッシュなパフォーマンスは、今年6回目の年男とは全く思えない。2曲目の「おまえにチェックイン」が終わったところで横から妻が「あなた完全に負けてるやん」。いや、何もジュリーと競争なんかしてないから。昔、カッコ真似してただけやから。だが、ジュリーは〝老い〟を感じさせないどころか、70年代よりも声が出ていた。彼はずっと右肩上がりの成長を続けていたのだ。そうか、〝現役〟とは、こういうことなのか!と一つ目の感動。

二つ目は1階にいるファンの人たち。おそらく僕と同年代か、それ以上の年配の方たちなのだろうが、オープニングからエンディングまで、ずっとオール・スタンディングだった。MCでジュリーは八十八歳まで歌い続けると宣言したが、みんなジュリーから元気を貰ってるんだろうな。

アンコールの後、ジュリーは着流しの和服姿で登場。「サムライ」を歌い終えた後で評判のMCに突入。話題はカルロスゴーンから大相撲へ。先代の貴ノ花から親子二代に亘る貴乃花ファンの僕には堪らない。白鳳の土俵入りを見てみようと思ったら、休場してるんだってさ。

そして、最後の一曲。これが僕にしか分からない三つ目の感動だった。その一曲は「危険な二人」。僕の人生を180度変えた曲だ。まるでジュリーが「よう来たな」と言ってくれたようだった。ジュリーが和服姿で歌う「危険な二人」-。そう言えば1973年、この曲がテレビで初披露された時の衣装もまた和服-空手着だった。

20syougatu-t