今を遡る事半世紀前の196814日にオリコン・ランキングが登場したことは過日「昭和元禄歌謡曲爛漫」において記述したが、改めて1968年のチャートを見て目を引くのは海外の曲が2曲もチャート1位になっていることだ。その後10年間で海外の曲がチャート1位になるのは1971年の「ナオミの夢/ヘドバとダビデ」と1976年の「ビューティフル・サンデー/ダニエル・ブーン」だけ。如何にこの年のミュージック・シーンがバラエティに富んでいたかが分かる。この年、チャート1位になった楽曲は12曲。登場順に紹介すると・・・・ 


ラブユー東京

帰って来たヨッパライ
恋のしずく
ゆうべの秘密
マサチューセッツ
花の首飾り
星影のワルツ
エメラルドの伝説
シーシーシー
サウンドオブサイレンス
恋の季節
今は幸せかい