1968年、GSブームの頂点に立ったザ・タイガースを中心にアイドル雑誌が次々と創刊される。
5月~6月にかけて登場した週刊「セブンティーン」、週刊「ティーンルック」、月刊「ヒットポップス」は、GSブームが既にグループを離れメンバー個人の人気に集中していることを背景に、ジュリー、ピーを始めとするアイドルたちが単独で巻頭ピンナップを飾った。明星、平凡、近代映画等の既存のアイドル雑誌も、別冊や特集号を増刊してブームを煽った。