レトロメディア・囃ハルト商店

1960年代の少年雑誌・芸能雑誌・漫画・アイドル・J-POP・玩具

2015年07月

1971年の今日、梅田の劇場で「小さな恋のメロディ」を観た。生まれて初めて女性と二人で観たのがこの映画だった。一緒に見た彼女は同級生だったが、頭が良く社会性に富んでいて、当時の僕には憧れの存在だった。だが高校を卒業後、音信不通となり、その後、彼女は行方不明に ...

〝ティーンエイジャー〟とは13歳から19歳まで、文字通りティーンを意味するが、僕は12歳の時「ティーンエイジャー向けの」と冠してある「月刊ボーイズライフ」と出会った。それは駅前の100円床屋に置かれてあった。雑多な情報の中に、ゴルゴ13のさいとうたかを先生が「007」 ...

  大学受験浪人が許されなかった僕は、高校時代の殆どの時間を受験勉強に費やしていた。辛うじて同志社大学に現役合格できたが、入学式の折、生涯忘れることの出来ないカルチャー・ショックを受けた。勉強が精いっぱいで、容姿など頓着する余裕の無かった僕の目には、周囲の ...

高校受験の時、ラジオの深夜放送から絶え間なく流れていたPF・スローンの「孤独の世界」。原題の「From A Distance」が「孤独の世界」とタイトルづけられていることから、僕は歌詞の意味内容も知らず、「遠く離れた孤独の世界」を勝手にイメージしていた。そ ...

このページのトップヘ