レトロメディア・囃ハルト商店

1960年代の少年雑誌・芸能雑誌・漫画・アイドル・J-POP・玩具

 1960年代後半にGSブームが終息すると、若者たちの間にはフォーク・ソングがブームとなり、1970年代初頭にかけて全国各地で活躍していたグループがラジオの深夜放送やローカル番組を通じて次々と頭角を現し始めた。60年代後期の代表格はメジャー・シーンを制覇したフォ ...

 ジュリーのドタキャンがえらい話題になっているが、僕には今回の騒動で思い出した事件が二つある。一つはタイガース時代に起きた1967年の「あやめ池事件」だ。あやめ池に集まったファンが多すぎてケガ人が出た事件だが、この事件は長髪GSの番組締め出しに苦慮していた ...

一昨日、二年前から更新をストップしているブログ「ザ・タイガースの真相」へ急に読者が集まりだしたので何の騒ぎかと思ってYahooを見たら、ジュリーがコンサートをキャンセルしたことが報じられていた。更新が止まっているブログにも影響を与えるなんて、やっぱりジュリーっ ...

僕にとって1980年代は、つい最近の出来事だ。従ってレトロでもなんでもない。と、いうことで、月刊明星人気投票80年代はオマケ。それにしても堀ちえみがキョンキョンより人気があったとは意外!1981年1982年1983年 ...

   1960年代がポピュラー・ミュージックにとってベル・エポックだったのは、なにもビートルズの登場だけが全てでない事は言うまでもないだろう。ジャズやクラシックなどいろんなジャンルの音楽がポップスに融合されていったのが60年代だ。そんな60年代の中で、今から丁度 ...

第1位 「レッツゴー物語」坂本九(1962年)第2位 「ルック・オブ・ラブ」クール・キャッツ(1965年)第3位 「君に涙とほほえみを」布施明(1965年)第4位 「花咲く街角」坂本九(1962年)第5位 「涙の日記」スリー・ファンキーズ(1962年)第6位 「霧の中のロンリー・ ...

      1960年代以降にリリースされたカバーソングの売上ランキングを作ってみた。平原綾香の「Jupiter」や坂本九の「レットキス」など曲に歌詞をつけただけのものや、「ビューティフル・サンデー」のように原曲の方がヒットしたものは除外。またオリコン・ランキングが ...

    僕が初めて目の当たりにしたガールズ・ロック・バンドは60年代のピンキー・チックスだったが、彼女たちはあくまでキワモノだった。その後、70年代に入り、ランナウェイズが登場。ウオッチしていたら、「チェリー・ボム」がヒットして日本でもアイドル的存在となった ...

出た!新少年ジェットが表紙の激レア「ぼくら」臨時増刊号!新少年ジェットはマニアの間では人気が高いが、おまけにナショナルキッドとのジョイント特集号とあって背表紙が焦げているにも関わらず目下50,000円台に突入。しかし未だ最低落札価格には達していない。出品 ...

   9月になって学生の間では運動会の練習が始まる頃だが、僕にとって一番印象に残っているのは高校2年生の運動会、ではなくて「体育大会」だった。体育大会は9月の下旬に行われ、全校生徒を4つのチームに分けて競い合った。各学年が8クラスあり、学年毎に4つに割ったため、 ...

集英社版「海の王子」がヤフオクで出品されている。https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r262489366今回は全6巻のうち、1巻、2巻、3巻、5巻、6巻の全5冊、全て初版ということだ。8月14日開始で21日に終了。18日現在で31件の入札があり、38,000円の値が付いている。 ...

半世紀前、GSが競ってレパートリーにしていたのがローリング・ストーンズのナンバー。なかでも「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」「サティスファクション」は数多くのグループによってカバーされた。当時、〝日本のミック・ジャガー〟を競い合っていたジュリーとショ ...

熱狂的なGSブームが去った1969年から次のアイドル・ブームが到来する1972年までの間、ミュージック・シーンは藤圭子、天地真理、小柳ルミ子などの女性歌手に人気が集まっていた。そんな中ラジオの深夜放送を中心に、ひときわ若者達の支持を集めていたアコースティック・ ...

    1965年、僕は小学校5年生で成績は最悪だった。担任が勉強にうるさく、学期末にはクラスの順位表を作って保護者会で公表していた。僕は50人いるクラスで40番前後だった。順位を知った母は何かの間違いではないかと思ったらしい。持って帰って来るテストの平均点がどの ...

沢田研二さん、70歳のお誕生日おめでとうございます! ということで、〝70〟にちなんで70年代のジュリーを集めてみた。ジュリーは1971年に「君をのせて」でソロ活動開始。翌72年「許されない愛」がヒットしソロ・シンガーとしての地位を確立すると73年「危険なふたり」で歌 ...

BS朝日の「お笑い演芸館」を何気に観ていたら、まさに60’テイストとも言うべきお笑い芸人に出会うことが出来た。その芸人さんの名は中津川弦。彼のプロフィールを調べようとインターネットで検索していたら、なんと今から7年前の2011年に書かれた「中津川弦 謙虚な姿勢で ...

  Wikipediaによると「ビートポップス」は1966年4月にスタートし、67年3月までが第1期、67年10月から番組終了の70年1月までが第2期に分けられるらしい。僕が番組を見始めたのは1968年の6月だったので第2期に当たる。その頃「週刊ティーンルック」がスポンサーになっていて ...

今を遡る事半世紀前の1968年1月4日にオリコン・ランキングが登場したことは過日「昭和元禄歌謡曲爛漫」において記述したが、改めて1968年のチャートを見て目を引くのは海外の曲が2曲もチャート1位になっていることだ。その後10年間で海外の曲がチャート1位になるのは1971年の ...

今を遡る事60年前の1958年は、昭和を語る上で欠くことの出来ない年だ。日本中が皇太子妃決定に沸く中、東京タワーが完成、岩戸景気がスタートする。テレビ、冷蔵庫、洗濯機の電化製品が「三種の神器」と呼ばれたのもこの年。後に国民的ヒーローとなる長嶋茂雄や月光仮面もこ ...

このページのトップヘ