レトロメディア・囃ハルト商店

1960年代の少年雑誌・芸能雑誌・漫画・アイドル・J-POP・玩具

  Wikipediaによると「ビートポップス」は1966年4月にスタートし、67年3月までが第1期、67年10月から番組終了の70年1月までが第2期に分けられるらしい。僕が番組を見始めたのは1968年の6月だったので第2期に当たる。その頃「週刊ティーンルック」がスポンサーになっていて ...

今を遡る事半世紀前の1968年1月4日にオリコン・ランキングが登場したことは過日「昭和元禄歌謡曲爛漫」において記述したが、改めて1968年のチャートを見て目を引くのは海外の曲が2曲もチャート1位になっていることだ。その後10年間で海外の曲がチャート1位になるのは1971年の ...

今を遡る事60年前の1958年は、昭和を語る上で欠くことの出来ない年だ。日本中が皇太子妃決定に沸く中、東京タワーが完成、岩戸景気がスタートする。テレビ、冷蔵庫、洗濯機の電化製品が「三種の神器」と呼ばれたのもこの年。後に国民的ヒーローとなる長嶋茂雄や月光仮面もこ ...

 1969年の夏、音楽少年たちの愛読書となる音楽雑誌「guts(ガッツ)」が創刊された。この雑誌のタイトル〝ガッツ〟は「根性」を意味し、「巨人の星」や「柔道一直線」などの〝スポ根〟と呼ばれるテレビ番組が人気を浴びるのにあわせて広く日常的に使われる言葉となった。70 ...

 井上堯之さんは1962年に歌って踊れるアイドル・グループ「スリー・ジェット」の一員としてデビューした。 スリー・ジェットが自然消滅すると、そのバック・バンドだったスパイダースにボーカル担当として加入。さらに63年には脱退した伊藤源雄の後を受けてリード・ギター ...

 先日「きみが心に棲みついた」の原作者が天童きりんさんであることを、お世話になっている経営者の方からお聞きした。ドラマそのものも観る機会が無かったが、観ていたとしても原作者までチエックしなかっただろう。その経営者の方と天道さんとは古い友人同士で、僕もそ ...

-すぷりんぐはずかむ-確実に春がやって来た。それにしても今年は花粉が凄くて、じっと目を開けていられない。この季節、進学、進級、就職と何かと慌しいが、こういった環境変化は胸躍らせたり塞がせたりするもの。僕にとって胸躍ったのは中学に進学した春だった。小学生 ...

水ぬるむ候となり、今週は各テレビ局でドラマ番組の最終回が相次いだ。そんな中、全く観ることのなかった2本のドラマを、最終回だけ偶然観ることが出来た。一つ目は火曜日の「FINAL CUT」。流れからそれまでの展開が想像できたので、違和感なくストーリーに入り込むことが出 ...

高木菜那選手がトップでゴールインした瞬間、興奮と同時に言いようのない幸福感が込み上げてきた。幸いにして今年の平昌オリンピックは日本選手が獲得した金メダルを全てリアルタイムで観ることが出来たが、羽生選手を除く3つのシーンは、まさに偶然に遭遇した瞬間だった。も ...

実写版ヒーローに登場するコミカルなキャラクターと言えば、ヒーローと張り合うドジな自称「ライバル」探偵。その代表的なキャラクターが、七色仮面の金有左門(かねありさもん)と少年ジェットの頓田紋太(とんだもんた)。金有左門は、七色仮面に変身する前の名探偵・蘭光 ...

【第11回 恋人にしたい男性有名人ランキングTOP10】を見て50年前に行われた「GS人気投票」の結果を思い出した。【第11回 恋人にしたい男性有名人ランキングTOP10】では人気グループ嵐の5人が全員ベスト10入りし上位3位までを独占したが、50年前はザ・タイガースの5人全員が ...

僕が初めてジュリーのコンサートを観に行ったのは1974年1月4日、大阪フェスティバルホールだった。中学生だった弟が一緒に行きたいと言い出したので、二人で行くこととなった。会場には男性ファンの数は少なく、僕たちの前も後ろも隣も女性ファンだった。要するに女性の輪の ...

1959年から60年初頭にかけて、月刊「少年」に連載されていた鉄腕アトム、鉄人28号、遊星王子や矢車剣之助、そして海底人8823などが実写でテレビ放送されていた。「少年」にはテレビニュースと題してそれらの番組が紹介されていた。1959年7月号1959年8月号          ...

   僕が生涯に一度だけ「追っかけた」アイドルが麻丘めぐみだった。あれは1972年の夏頃だったと記憶している。土曜日の午後、天王寺の近鉄百貨店に麻丘めぐみが来るという情報を同じクラスの寺井君から聞かされた。「それが何やねん?」と一瞬思ったが、興奮気味に語る寺 ...

  1962年にヒットしたカバー・ポップスの中で、紀本ヨシオが歌っていた映画「荒野の三軍曹」のテーマ「三軍曹マーチ」。僕はこの歌の歌詞の意味を長らく取り違え、ずっと疑問を感じ続けていた。歌詞は、まずそれぞれ三人の軍曹を紹介し、最後に「みんなで力併せ、酋長ワ ...

 ちょうど50年前の1967年12月25日、ザ・タイガースの4枚目のシングル「君だけに愛を」がリリースされた。この曲こそザ・タイガースにとって、そして10年後の77年にレコード大賞を獲り名実ともにスーパー・スターとなる沢田研二にとって、まさにエポックとなる楽曲であった。 ...

  オールディーズ・ファンなら誰もが知っているコニー・フランシスの「I’m Gonna Be Warm This Winter」。この曲をカバーしたのが弘田三枝子で、タイトルは「思い出の冬休み」。原曲は「スキー場で出会った彼と恋に落ちて今年の冬は暖かい」というものだが、弘田三枝子のカ ...

ローリング・ストーンズの「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」に続いて、ビージーズの国内人気を後押ししたザ・タイガースの「ホリデイ」。 ...

このページのトップヘ